menu

2016.06.16 お知らせ

120名参加のセミナー講師してきました!

こんばんは。

先日の日曜日、OBスタッフの野田先生と共に第26回米田柔整専門学校コミュニケーションセミナーに講師として招かれ、120分間の講演をしてきました!

タイトルは「教育現場から臨床現場へ」~開業三年間の軌跡を語る~として、当院の取り組みをお話してきました。

米田柔整専門学校は名古屋の柔整専門学校の老舗で、卒業生4500名以上、創立60年近くに及ぶ伝統校です。

私の前職でもありまして、私の教え子だけでも1000名以上は柔道整復師を世に送り出しています。

柔道整復師とは接骨院や病院、介護施設でも働ける施術者を意味し、国家資格者であります。

その基礎医学の知識を持つ卒業生である柔道整復師、また在学中の学生さん総勢120名が集まり、聴講していただきました。

s-P1270924

開業すると学校で教えていた頃の理論を実践として現場に落とし込み、施術しています。

卒業生も在校生もその辺のところをどのように私が実践しているかに興味の焦点があったようです。

今でこそ、当院は多くの患者さんに支持されていますが、それまでの経緯は試行錯誤の連続でした。

その辺の苦労話やよかった話を織り交ぜながら、話しさせていただきました。

s-P1270764

s-P1270892

 

やはり接骨院は地域に根付き、患者さんあっての施設です。

施術も大事ですが、患者さんとの信頼関係が最も大事です。

そこを大事に考えていければ、まだまだ活躍する柔道整復師、接骨院は増えていくことでしょう。

私も現場にて目の前の患者さんを大事にしながら、皆さんの活躍を励みにしたいと思います(^-^)

 

セミナーの様子は米田柔整専門学校のホームページで紹介されています。

 

 

それではまた!

 

 

 

この記事を書いた人

院長 河原龍秀

院長 河原龍秀

米田柔整専門学校の教員として後進の指導に10年間あたったのち、2013年5月「高畑駅前接骨院」開院。柔道六段

ブログ記事一覧に戻る 〉

お知らせ

ピックアップ

施術について

院の様子