スタッフ
スタッフ紹介
院長 河原龍秀
早川優
院長
河原龍秀
私がこの道を志したのは必然。
柔道家・柔道整復師になるために
生まれてきました。
はじめまして、河原です。
当ホームページを訪れていただき、誠にありがとうございます。

私は祖父が柔道家で柔道整復師、父が柔道家、母が柔道整復師の家系の長男として生まれました。
幼い頃は、体が弱く、いつも両親に心配をかけている子どもでした。
季節の変わり目には必ずといっていいほど風邪をひき、小児科の通院の常連。そして、いつも必ず高熱を出す。高熱を出すとうわ言で「バタリン、バタリン」と解熱剤をせがんでいたことを今でも覚えているほどです。

そんな私も幼稚園の年長に入った頃から柔道を始め、次第に体が強くなっていきました。
中学生の頃には初段を取得。高校では参段にまでなり、自信を深めていったものです。

大学は父の母校ということで当時、日本一であった明治大学へ進学。右をみても左をみても全日本や世界、オリンピック代表たちが顔を揃え、しのぎを削っていました。私など高校時代は県大会や東海大会で少々、上位に入ったくらいで歯が立たない始末。しかし、人の環境適応とはおもしろいもので、3年生からは全日本学生柔道優勝大会(団体戦)の選手メンバーに入れるようになり、4年生では寮長としても生活面から部をまとめ、列記とした一員として名を連ねたものです。

そんな私でしたが、無理が祟ったのか卒業時にはケガで満身創痍の体となっていました。そこでそれ以上の柔道生活を断念。しかし、何とかこの経験を活かせないものかと考えた結果、親の勧めもあり、ケガを手当する側の柔道整復師を志しました。

それまで柔道ばかりしていて、勉強はあまりしていなかったので、専門学校時代は苦労しました。しかし、周囲の優秀な友人に恵まれていたので、勉強方法を覚え国家試験は一発合格。そして何よりもクラス全員で合格を手にしたのが嬉しかったなぁ。当時、級長なんかもやっていましたから。

柔道整復師になってからも大変でした。研修時代は朝から晩まで働きづめ。朝は開院準備、施術、昼休みに勉強会、午後の施術、片付け、そして自主的に施術のトレーニング。そんな毎日を過ごしましたが、やりたい仕事をやれている実感と柔道で養われていた精神力のおかげで、人が苦と思うことも苦と思わないようになり、いつしかそれを楽しむことも身につけていきました。
研修期間を終え、いざ開業しようと考えていた頃、母校の米田柔整専門学校に「教鞭をとってみないか」と誘われ、迷いに迷いました。それまで柔道の講師としては教えに行っていたものの専任教員は未知の世界。自分で務まるのかとも考えたものですが、これも何かのご縁と思し召し。「今しかできないこと」と思い受諾。教員として後進の指導に当たりました。教員時代は楽しかったなぁ。とても感じのいい、やる気のある学生たちに恵まれ、毎日が忙しくも充実した日々でした。この教員時代の10年間はわが人生の春を謳歌したものです。

しかしながら、そんな春はいつまでも続かないものです。自分の心の中で押さえつけていた熱い炎が燃え上がったのです。

「私は柔道家・柔道整復師になるために生まれてきた」

そんな強い衝動に駆られ、最初は心配していた家族、両親を説得し、理解を得られ、この中川区高畑の地に「高畑駅前接骨院」を開院する運びとなりました。
私は柔道家として、柔道整復師として、自信を持っています。この「高畑駅前接骨院」にご縁を持った皆さまを元気に、幸せにしたいと思っています。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。
Q.好きなスポーツ
A.柔道(六段)、ゴルフ
Q.好きな食べ物
A.カレー、ステーキ、ラーメン
Q.治療上の心がけ
A.丁寧さ
Q.好きな言葉
A.自他共栄(自分も他人も共に栄える意)
Q.業歴
A.学校・接骨院・柔整専門学校教員(20年)
治療スタッフ
早川 優
こんにちは、早川です。私がこの仕事に就いたのは柔道でケガをしたとき、お世話になり、楽にしてもらえたからでした。

私は工業高校出身で、職人の父の影響からか物づくりが好きでした。よって高校卒業後は、歯車の会社に就職して物づくりに励んでいました。とはいっても最初からつくらせてもらえるはずもなく、仕事の大半は掃除、片付け、雑用の毎日。それでも先輩社員たちが精巧な歯車をつくる姿に憧れをもち、来る日も来る日も出番を待ち続けていました。そんな入社して3年目のある日、「おい、お前にもつくらせてやる」と社長の一声で許可がおり、それからは懸命に学び、歯車の製作技術を一つ一つ身につけていきました。入社して10年も過ぎた頃には一人前に仕事もできるようになっていました。

しかし、不幸は突然、訪れたのです。2008年のリーマンショック。会社の受注が極端に減りました。仕事はできるのに仕事がない。その焦燥感たるや相当なもので、今まで経験したことのない将来への不安に襲われました。この先、どうして生きていこうか。考えても考えてもその不安は拭いきれませんでした。

そんなとき、好きで通っていた柔道場のことを思い出しました。仕事以外は唯一、柔道、柔術が趣味で、仕事を終えてからは柔道場に通い、休みの日に大会や練習があれば積極的に参加していました。そんな積極性も好きだからこそ、楽しいからこそ、出来ていたのだと思います。しかし、その分、ケガもよくしていました。突き指から手首の骨折、足首の捻挫や膝の靭帯損傷など。そのたびに柔道場の下にある接骨院で治療してもらい、治してもらっていました。よく考えたら、柔道の先生には柔道整復師が多く、普段は接骨院をされている先生が多くいることに気づきました。

自分もそのようになりたい。好きな柔道に励みながら、治療を生業として生活する。そんな理想的な生活を思い描くようになったのです。それからは一念発起。12年、勤めた会社を辞め、柔道場の先生が講師を務める米田柔整専門学校に入学しました。柔道は好きでしたが、勉強は苦労しました。しかしながら、社会人を経て学ぶ勉強は新鮮で何よりでした。2015年度に卒業。そのまま柔道場の先生であり、専門学生時代の担任でもあった河原先生の元へ就職。今は好きを仕事にできる喜びでいっぱいです。皆さんが好きなことに取り組めて楽にさせられるよう頑張りたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
Q.好きなスポーツ
A.柔道(参段)、柔術
Q.好きな食べ物
A.焼肉
Q.治療上の心がけ
A.清潔、誠実
Q.好きな言葉
A.人生、楽しむこと
Q.業歴
A.学校・接骨院(4年)
アクセス
高畑駅前接骨院へのアクセス
〒454-0911
名古屋市中川区高畑4-143
アネックス高畑102
TEL:052-665-6487
施術時間
施術時間
施術時間
土曜日午後は
キッズ柔道教室開講!
生徒随時募集
くわしくはコチラ
◎各種保険
◎交通事故
◎労災取扱
facebook
Facebook
名古屋の店舗デザイン・設計 コムデザインラボ
Copyright © 2013 高畑駅前接骨院 All rights reserved.
ブログ
TOPへ