スタッフ紹介

総院長 柔道整復師
河原 龍秀
私がこの道を志したのは必然。
柔道家・柔道整復師になるために
生まれてきました。

はじめまして、総院長の河原です。
当ホームページを訪れていただき、誠にありがとうございます。

私は祖父が柔道家で柔道整復師、父が柔道家(幻のモスクワ五輪代表)、母が柔道整復師の家系の長男として生まれました。

幼い頃は、体が弱く、いつも両親に心配をかけている子どもでした。
季節の変わり目には必ずといっていいほど風邪をひき、小児科の通院の常連。しかも小児ぜんそくを患っていたので、吸入器は手放せないほどお世話になっていました。

そんな私も幼稚園の年長に入った頃から実家にあった柔道場(河原道場)で柔道を始め、次第に体が強くなっていきました。中学生の頃には父の厳しい指導のもと初段を取得。高校生では参段にまでなり、自信を深めていったものです。

大学は父の母校ということで当時、日本一であった明治大学へ進学。右をみても左をみても全日本や世界、オリンピック金メダリストなどが顔を揃え、しのぎを削っていました。私などの名古屋の田舎者は最初、全く歯が立たない始末。

しかし、人の環境適応とはおもしろいもので、3年生からは全日本学生柔道優勝大会(団体戦)の選手メンバーに入れるようになり、4年生では寮長としても生活面から後輩の面倒をみるようになり、いつしか主将、副主将と共に部をまとめる存在になっていました。

そんな私でしたが、稽古での無理が祟ったのか卒業時にはケガで満身創痍の体となっていました。そこでこれ以上の柔道生活を断念。しかし、何とかこの経験を活かせないものかと考えた結果、親の勧めもあり、ケガや痛みを手当する側の柔道整復師を志しました。

それまで柔道ばかりしていたので、専門学校時代の勉強は苦労しましたが、運良く周囲の優秀な友人に恵まれていたので、一緒に勉強して国家試験はストレートで合格。そして何よりもクラス全員で合格を手にしたのが嬉しかったなぁ。当時、級長なんかもやっていましたから。

柔道整復師になってからも大変でした。研修時代は朝から晩まで働きづめ。朝は開院準備、施術、昼休みに勉強会、午後の施術、片付け、そして自主的に施術のトレーニング。そんな毎日を過ごしましたが、やりたい仕事をやれている実感と柔道で養われていた精神力のおかげで、人が苦と思うことも苦と思わないようになり、いつしかそれを楽しむことも身につけていきました。

研修期間を終え、いざ開業しようと考えていた頃、母校の米田柔整専門学校に「教鞭をとってみないか」と誘われ、迷いましたが、これも何かの思し召し。「今しかできないこと」と思い受諾。教育者として後進の指導に当たりました。

教員時代は楽しかったなぁ。とても感じのいい、やる気のある学生たちに恵まれ、毎日が忙しくも充実した日々でした。この教員時代の10年間はわが人生の春を謳歌したものです。

しかしながら、そんな春はいつまでも続かないものです。自分の心の中で押さえつけていた熱い気持ちが燃え上がったのです。

「私は柔道家・柔道整復師になるために生まれてきた」

そんな強い衝動に駆られ、接骨院の現場でお客様に施術することが柔道整復師の本分と考え、また柔道家としては柔道教室を興し、子どもたちに柔道指導することを使命に感じた私は平成25年5月に中川区高畑に「高畑駅前接骨院」と「河原道場高畑キッズ柔道教室」を開設、次第にお客様が増え、一接骨院では見きれないほどの人が来られるようになり、柔道教室も地域の方々に支えられ、子どもたちもたくさん集まってくれました。*柔道教室は高畑でみれる人数を超過したため、令和元年4月より安全面の配慮から実家で南区にある創設67年目の「河原道場」へ移転して「高畑」と「本家」を一本化し、同時に父より道場主を引き継ぎました。(祖父から数えて三代目)

そういった経緯を経て、平成29年11月に熱田区三本松の名鉄神宮前駅東口徒歩すぐのところに「神宮前駅東口接骨院」を開院しました。

私は柔道家として、柔道整復師としての仕事に、強い使命感と深い誇りを持っています。施術家歴22年以上の施術力とプロを15000人以上、育ててきた指導力で「高畑駅前接骨院」にご縁を持った皆さまの施術にスタッフ共々あたります。元気に、活力ある毎日を提供したいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ 柔道(六段)、ゴルフ
好きな食べ物 カレー、ステーキ、刺身
施療の心がけ 丁寧さ
好きな言葉 自他共栄(自分も他人も共に栄える意)
業歴 23年目
院長 柔道整復師
佐々木拓人
『私の夢は世界で活躍する治療家になることです』

はじめまして、柔道整復師の佐々木拓人です。
私は小さい頃から誰かの役に立ち、頼られる人になりたいと思っていました。

将来の勤めとして科学者、薬剤師、栄養管理師などなど、なりたいものがたくさんありました。なりたいものが多すぎて迷っていた時に、友人に連れられて行ったオープンキャンパスで柔道整復師という職があることを知りました。

そこで解剖学の面白さや手技で患者さんの機能回復を図る技術の凄さと、患者さんとの関わりが深いところに魅力を感じて、この道に進むことを決めました。

正直、勉強はあまり得意ではなかったですけれど、解剖学や生理学の勉強が自分に合っているのか、覚えやすくてそれに知れば知るほど面白くなり、学校では常に上位の成績を取っていました。その後、卒業試験も国家試験も無事、合格することができて柔道整復師になることができました。

実際に柔道整復師になって働いてみると、まだまだ勉強することがたくさんあり、日々学んでいます。そして、学んだことや経験を活かして患者さんを施療することで、どんどん回復して笑顔になり、痛みから解放される姿を見ることができます。その時に「先生ありがとう」や「また困ったらよろしくね」と患者さんに信頼して頼ってもらえると、やりがいを感じ、「この仕事をしてよかったなぁ」と思えます。

そんな私の夢は柔道整復師のすばらしい知識と技術を使って、日本だけでなく海外で困っている人の助けになりたいことです。

実を言うと私自身がカンボジア生まれのハーフでして、海外には何かと縁があります。海外と比べると日本の医療環境は凄く整っているのですが、カンボジアなどの国はまだまだ医療体制が乏しく、身体のことで困っている人がたくさんいます。それを私が一人でも多く救えたらと思っています。

そういった思いで夢を追いながら勤めていた時、以前の職場の院長の奥さん(総院長の妹)の紹介で河原総院長と出会い、海外で一緒にやろう!と声をかけていただいてお世話になることになりました。

私の持っている知識と施術で、たくさんの人の身体の健康をサポートとし、優しさとユーモアをもって心のケアまでできるように、そして夢を叶えるために日々精進しています。

どうぞよろしくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ スノボ、バレー
好きな食べ物 麻婆茄子、卵料理
施療の心がけ 身体と心のケア
好きな言葉 勇往邁進
業歴 6年目
柔道整復師
森本 哲博
こんにちは、柔道整復師の森本哲博です。

名古屋の生まれで、幼い頃から双子の弟と活発に仲の良い友達のように遊ぶ子供でした。
小学校では野球に打ち込んでいましたが、中学生の時にプロテニスプレーヤーに憧れてテニスを始めました。まだ体が造られていないのにダイナミックなフォームをお手本にしていたので体がついていけず重度の腰痛になってしまいました。

練習量が増えて高校二年生の時にとうとうプレーが出来ない状態になって、椅子に座るのも辛く学業にも支障が出てきてしまい、しばらく休まざるを得なくなってしまいました。
筋トレやプールでリハビリに励みましたが、その時にはまたコートに立てるのだろうかと思い悩む辛い毎日でした。

そんな状態でも接骨院や鍼灸院に通うことで先生方の力と励ましのお陰で半年後、嘘のように体が痛みから解放されていきました。
ああ、またテニスが出来るんだ!! と光が差してきたのをよく覚えています。

その通っている時にあらゆる症状の方が良くなっていくことにとても関心を持ちました。
私は部活や勉強に支障が出ましたが、仕事や生活をしていくことに支障がある方はもっと大変な思いをしているだろうと考えるようになり、そのような方の力になりたいと強く思うようになりました。
将来はそのような方の一番近い存在になって自分の手で良くしたいという思いで鍼灸師と柔道整復師を目指すことにしました。

高校卒業後日本で一番歴史のある鹿児島鍼灸専門学校を卒業して鍼灸師の国家資格を取得して鍼灸接骨院の現場に立ちました。
桜島や霧島の自然豊かな環境が好きで鹿児島で15年間鍼灸接骨院の分院長としても患者さんに向きあってきました。
スポーツ障害、関節痛、筋肉の痛み、神経痛、頭痛など重い症状の方も鍼と手技を使い改善して大変喜ばれました。

また更なるステップアップの為、地元名古屋に戻り米田柔整専門学校に入学して最新の医療を学び、柔道整復師の国家資格も取得しました。

在学中に総院長の河原先生のセミナーに参加してお話を聞いたり、勉強会でご一緒させていただいたりして、患者さんやスタッフの方との向き合い方が何て素晴らしいのだと感銘を受けて、同じ現場で治療にあたりたいと思い当院への就職を決意しました。

来てくださる患者さんは痛みなど不快な症状だけでなく、誰しも精神的な辛い部分も抱えています。それだけでなく、良くなった先にはこうなりたいという願望があると思います。
その思いに一緒に上を向いて、再び元気を取り戻せるように精一杯させていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ テニス、サッカー
好きな食べ物 魚なら何でも!
施療上の心がけ しっかりお話を聞くこと
好きな言葉 好きこそものの上手なれ
業歴 17年目
柔道整復師
古田 匠
こんにちは、柔道整復師の古田匠です。

私は岐阜県の美濃市出身です。県内で1番人口の少ない市ですが、山と川に囲まれた自然豊かで住みやすい故郷です。

小学生から社会人になってからもサッカーを続けました。何事に対しても負けず嫌いで継続させることの大切さを学びました。

柔道整復師を志したのは、学生時代によく怪我をしその都度親身になって治療してくださった柔道整復師のトレーナーのようになりたいと思ったのがきっかけです。

米田柔整専門学校に入学し、1年生の頃より総院長と出会いました。下肢の講義や柔道を教えて頂き、柔整師の楽しさや臨床での経験のお話から多くのことを学ばさせていただきました。

以前は八田整形外科クリニックにて約2年間出向しておりました。外傷や交通事故等の患者さんに対し親身になって対応することを心がけてやってまいりました。

今後は接骨院という場で整形での経験を生かし、そして親身になって対応していけるよう頑張ります!
Q&A
好きなスポーツ 全スポーツ
好きな食べ物 ハンバーグ、野菜
施療の心がけ 患者さんの気持ちに寄り添って施療すること
好きな言葉 継続力
業歴 8年目
柔道整復師
近藤 直樹
こんにちは、柔道整復師の近藤直樹です。

私は岐阜県の羽島市で生まれ育ちました。小学校の頃から柔道を始め28歳まで競技を続けていました。

この仕事を志したきっかけは、小学5年生の頃に腰を痛めてしまい、近所の接骨院にお世話になったことでした。
包帯やテーピングを巻く姿を見て、当時の私はカッコいい!!将来絶対接骨院の先生になるんだ!と決め、その夢が叶う形となりました。

高校の進路相談では、大学に行かず専門学校に行き、接骨院の先生になりたいと伝えたところ、柔道部の監督から後輩(河原総院長)が専門学校で教員をしているから、米田柔整専門学校にしなさいと進められ、3年間勉学に励み、柔道整復師の免許を取得しました。

卒業後、接骨院で2年勤務をし、整形外科のリハビリ科で勤務しながら愛知大学柔道部のトレーナーも行っていました。その後、もう一度接骨院で働きたいという思いが強くなり3年程、接骨院で勤務しておりました。約10年柔道整復師として働くなかで家族も増え、この先はどうしようか、というタイミングで河原総院長とお話をさせて頂く機会があり、ここで自分の経験が十分生かす事が出来ると強く思い、お世話になろうと決意しました。

私が今まで経験して学んだ事は勉学から得るものだけではなく、自分の怪我の実体験や様々な先生から得られたものです。そういったものを患者様への施術に活かして、お体の悩みに少しでも解決に導けるよう、全力でサポートさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします!
Q&A
好きなスポーツ 柔道
好きな食べ物 焼肉
治療の心がけ 患者様に寄り添う
好きな言葉 好きこそ物の上手なれ
業歴 11年目
MENU CLOSE アクセス