スタッフ紹介

総院長 柔道整復師
河原 龍秀
私がこの道を志したのは必然。
柔道家・柔道整復師になるために
生まれてきました。

はじめまして、総院長の河原です。
当ホームページを訪れていただき、誠にありがとうございます。

私は祖父が柔道家で柔道整復師、父が柔道家(幻のモスクワ五輪代表)、母が柔道整復師の家系の長男として生まれました。

幼い頃は、体が弱く、いつも両親に心配をかけている子どもでした。
季節の変わり目には必ずといっていいほど風邪をひき、小児科の通院の常連。しかも小児ぜんそくを患っていたので、吸入器は手放せないほどお世話になっていました。

そんな私も幼稚園の年長に入った頃から実家にあった柔道場(河原道場)で柔道を始め、次第に体が強くなっていきました。中学生の頃には父の厳しい指導のもと初段を取得。高校生では参段にまでなり、自信を深めていったものです。

大学は父の母校ということで当時、日本一であった明治大学へ進学。右をみても左をみても全日本や世界、オリンピック金メダリストなどが顔を揃え、しのぎを削っていました。私などの名古屋の田舎者は最初、全く歯が立たない始末。

しかし、人の環境適応とはおもしろいもので、3年生からは全日本学生柔道優勝大会(団体戦)の選手メンバーに入れるようになり、4年生では寮長としても生活面から後輩の面倒をみるようになり、いつしか主将、副主将と共に部をまとめる存在になっていました。

そんな私でしたが、稽古での無理が祟ったのか卒業時にはケガで満身創痍の体となっていました。そこでこれ以上の柔道生活を断念。しかし、何とかこの経験を活かせないものかと考えた結果、親の勧めもあり、ケガや痛みを手当する側の柔道整復師を志しました。

それまで柔道ばかりしていたので、専門学校時代の勉強は苦労しましたが、運良く周囲の優秀な友人に恵まれていたので、一緒に勉強して国家試験はストレートで合格。そして何よりもクラス全員で合格を手にしたのが嬉しかったなぁ。当時、級長なんかもやっていましたから。

柔道整復師になってからも大変でした。研修時代は朝から晩まで働きづめ。朝は開院準備、施術、昼休みに勉強会、午後の施術、片付け、そして自主的に施術のトレーニング。そんな毎日を過ごしましたが、やりたい仕事をやれている実感と柔道で養われていた精神力のおかげで、人が苦と思うことも苦と思わないようになり、いつしかそれを楽しむことも身につけていきました。

研修期間を終え、いざ開業しようと考えていた頃、母校の米田柔整専門学校に「教鞭をとってみないか」と誘われ、迷いましたが、これも何かの思し召し。「今しかできないこと」と思い受諾。教育者として後進の指導に当たりました。

教員時代は楽しかったなぁ。とても感じのいい、やる気のある学生たちに恵まれ、毎日が忙しくも充実した日々でした。この教員時代の10年間はわが人生の春を謳歌したものです。

しかしながら、そんな春はいつまでも続かないものです。自分の心の中で押さえつけていた熱い気持ちが燃え上がったのです。

「私は柔道家・柔道整復師になるために生まれてきた」

そんな強い衝動に駆られ、接骨院の現場で患者さんに施術することが柔道整復師の本分と考え、また柔道家としては柔道教室を興し、子どもたちに柔道指導することを使命に感じた私は平成25年5月に中川区高畑に「高畑駅前接骨院」と「河原道場高畑キッズ柔道教室」を開設、次第に患者さんが増え、一人接骨院では見きれないほどの人が来られるようになり、柔道教室も地域の方々に支えられ、子どもたちも多く集まってくれました。

そういった経緯を経て、平成29年11月には熱田区三本松の名鉄神宮前駅東口徒歩すぐのところに分院として「神宮前駅東口接骨院」を開院しました。

私は柔道家として、柔道整復師としての仕事に、強い使命感と深い誇りを持っています。施術家歴22年以上の施術力とプロを15000人以上、育ててきた指導力で「高畑駅前接骨院」にご縁を持った皆さまの施術にスタッフ共々あたります。元気に、活力ある毎日を提供したいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ 柔道(六段)、ゴルフ
好きな食べ物 カレー、ステーキ、ラーメン
治療上の心がけ 丁寧さ
好きな言葉 自他共栄(自分も他人も共に栄える意)
業歴 23年目
院長 柔道整復師
平野 将弘
こんにちは、平野です。

私が柔道整復師という仕事に就くことは、小学生からの夢でした。幼稚園から高校生までサッカーを行い、怪我をすることが多く、その度に接骨院の先生(柔道整復師)に固定やテーピングなど、適切な処置をしていただきサッカーに熱中することができ、自分自身を助けてくれた接骨院の先生に憧れを抱いていたからです。

高校卒業後、米田柔整専門学校へ入学し卒業と同時に国家試験に合格。その後は“怪我が治せる、骨が接げる”柔道整復師になりたい‼との想いで、約8年間、整形外科に勤務しました。整形外科では医師の下、骨折や脱臼などの重症度の高い患者さんの治療にも携わることができ、ギプスを巻いたり体に包帯を巻いたりと、管理の難しい症例も多く診させて頂きました。大きな怪我をしてしまった患者さんでも、適切な処置によって徐々に回復していき、仕事や家事、部活などに復帰していく姿をみて、とてもやりがいを覚えました。今ではその経験が自分の大きな財産になっています。

その後、さらなるステップアップをと想い、専門学校時代の恩師である河原先生の“高畑駅前接骨院”に就職しました。当院では整復治療をはじめとしたオリジナルの治療手技や全身の治療を行っております。また、河原先生の柔道整復師への熱い想いに共感したため、当院への就職を決めました。

怪我をしてしまったり、痛みを抱えている患者さんは「自分の体がどうなっているのか?」「何がわるくて痛いのか?」がわからずとても不安な状態だと思います。
私自身が怪我をしたときも、とても不安な気持ちでいっぱいでした。ですので、患者さん一人一人の病態をわかりやすく説明し、施術を行い、不安がなくなり楽になって帰っていただけるよう全力で頑張っていきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ サッカー、柔道初段、フィッシング(釣り)
好きな食べ物 刺身、ラーメン、白飯
治療上の心がけ 分かりやすい説明
好きな言葉 感じたら動け それが心の証明
業歴 11年目
柔道整復師
吉田(寺田)シュリ
こんにちは!柔道整復師の吉田(寺田)シュリです。

2014年までスキーハーフパイプ競技の日本代表選手としてワールドカップを転戦していました。 選手時代は怪我が多く、膝の手術を3度経験しました。術後は力が入らず足が動かない状態になりましたが、リハビリを繰り返し、その度にまた選手に復帰する事ができました。

その過程で人間の回復力の素晴らしさ、人体の仕組みの面白さを体感しました。 勿論、それも勝手に治ったわけではなく、指導してくれる方がいて、その方のアドバイスやサポートを受けた事で頑張ることができました。 頼れる人がいるという安心感も大きかったです。

その様な経験から、引退後はサポートする側になりたいと思うようになりました。 これまでは自ら選手として身体と向き合い、技術向上の為、怪我防止の為、その他にも様々なトレーニングを行ってきました。 怪我が多く、痛みや悔しさも味わってきました。 そんな私だからこそ伝えられる事、わかってあげられる痛み、辛さがあると考えています。

専門学校時代は学ばなければならない事の多さに驚きました。 柔道整復師とはこんなにも幅広い知識が必要なのかと。全てを修得するのは本当に大変でした。 ですがこうしていざ現場に出てみると、これまで点だったものが線となり、学生時代に得たものがいかに重要だったかを日々実感しています。

卒業後は学生時代の教員でもあった河原先生の接骨院への就職を希望、決め手は常にポジティブで前向きな先生の朗らかな人柄です。手技や治療の進め方など、気になることは何でも相談でき、柔道整復師として確実に成長できると感じました。 患者さんの痛みや動けない辛さ、不安などを少しでも軽減できるよう、そしてまた、本来の自己治癒力を最大限発揮させられるよう、しっかりと寄り添っていける柔道整復師で在りたいと思います。 よろしくお願いします。
Q&A
好きなスポーツ スキー、トランポリン、シュノーケリング
好きな食べ物 お寿司、焼肉
治療上の心がけ 患者さんの不安を取り除きたい
好きな言葉 思うは招く
業歴 4年目
柔道整復師
末武 真生
こんにちは。柔道整復師の末武です。
「郡上おどり」で有名な岐阜県郡上市出身の26歳です!

私は小学生から高校生まで野球少年でした。ピッチャーをやっていたこともあり、肩の故障も度々ありましたがその都度、接骨院で先生に治療していただいたことで高校まで全力で野球に打ち込むことができました。

高校卒業後は就職し、製造業や建築業を経験しました。そして仕事をしながら草野球チームに所属して野球も続けていました。しかし、肩を痛め全力で投げられないほどの激痛を感じ、お世話になっていた接骨院に通うようになりました。

痛みのためプレーが出来なくなり、野球自体が嫌いになりかけていた自分に親身に接して頂き根気よく治療をしてくださったおかげでまた投げられるようになりました。

そして、何度も何度も接骨院に通うことで柔道整復師の仕事に興味を持ち、自分も痛みに苦しむ方の力になりたいと柔道整復師を志すことに決めました。

仕事を退職して米田柔整専門学校へ入学。解剖学や生理学など専門的な知識の学習は難しく理解することが大変でしたが、毎日が新鮮でした。そして卒業し国家試験も合格することができました。

当院へ就職したのは、総院長河原先生の柔道整復師という職業に対する想いや、治療方針に感銘を受けたと同時に、当院の雰囲気や全身に触れて体の状態を把握してから行う整復治療、何よりも患者さんが満足して帰っていく姿に、ここで自分の能力を発揮したいと思い就職を決めました。

スポーツでの怪我以外にも日常生活を過ごしていく上でのちょっとした動作で体の不調を感じ、痛みを抱えながら過ごしている方が多いとおもいます。その痛みに親身になって治療を行っていける所が接骨院としての強みだと思います。

患者さん一人一人の訴える痛みや思いを受け止め、治療を行っていくことで患者さんが笑顔で帰ってもらえるように全力を尽くします。

よろしくお願いします。
Q&A
好きなスポーツ 野球
好きな食べ物 焼肉、寿司
治療上の心がけ 笑顔、挨拶
好きな言葉 幸せは自分の心が決める
業歴 4年目
柔道整復師
中村 正夫
こんにちは、柔道整復師の中村です。

私は岐阜県の山県市(やまがたし)という所の出身です。字のとおり山に囲まれた田舎ですが、自然が豊かで私が一番安らげる故郷です。今は柔道整復師としての活躍のフィールドを求め愛知県にやってきました。

私は、父は介護系、母は保育士という家系で育ち、小さい頃から親の姿を見てきたので、人に携わることに関してなにか縁を感じていたような気がします。

小さい頃から体を動かすことが好きで、小学校の頃は野球、高校、大学ではテニスを経験してきました。柔道整復師を志そうと通った米田柔整専門学校では、この道の由来である柔道を始め、学生中に初段を取得しました。昔から負けず嫌いな性格で、今もそれが自分の原動力の一つになっています。

柔道整復師を志したのは、私が当時体を痛めて、接骨院によく通っていた時期があり、そこで柔道整復師の姿に魅せられた時からでした。体の痛みだけでなく、その痛みに対する不安感を理解してもらい、そこで自分の体と気持ちが楽になっていく感覚を知りました。

また、他の患者さんたちが接骨院に来て、活き活きとなって帰っていく姿をみて、自分もあんなふうに人が苦しんでいる痛みを治し、笑顔になってもらえるようになりたいという思いに駆られ、当時思い切ってサラリーマンを退職し、新たな道に挑戦することにしました。

総院長の河原先生とは母校である米田柔整専門学校で出会い、また柔道を通しての交流もあり、先生のいつもエネルギッシュな姿に大変興味がありました。また、先生の考える「社会における柔道整復師としての役割」に対し強く共感し、当院への就職を決めました。

当院は体の患部だけをみるのではなく、患者さんの根本的な痛みの解消のため体全身をみていく治療方針があります。本当の痛みの原因は、患部以外の箇所にあることは往々にしてあり、それを取り除いていく治療が当院にはあります。

一人でも多くの方に笑顔になってもらえるように、患者さん一人一人の気持ちに寄り添い、また、安心して施術を受けてもらえるよう、些細な事にも耳を傾け、患者さんの声を見逃さないよう丁寧な施術を心がけていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ 釣り、柔道、テニス、アウトドア
好きな食べ物
治療上の心がけ 患者さんの声を大切にする
好きな言葉 挑戦
業歴 5年目
MENU CLOSE アクセス