お知らせ

水分不足からくる痛みもバッチリ!

みなさんこんにちは!

柔道整復師の中川西 儀紀 (ナカガワニシ ヨシキ)です!

7月に入ってから35度を超える猛暑日が多くなってきました!

ここで大事になってくるのは「水分補給」ですね!わかってはいてもなかなか水分はとるのが難しいのが実情ですね。

今回は水分補給の大切さと飲むコツをお伝えします!

まず、人間の体は約60パーセントは水分でできています!その中から1日2リットル前後が尿や汗となって出ていってしまいます。ですので、出ていってしまう2リットル分は最低でも取らなければなりません!

水分が足りなくなるとどうなってしまうのかというと… 

筋肉が硬くなったり、足がつったり、ケガがしやすくなってしまいます。

他に、子供に多いのはスポーツ中に熱中症になって最悪死んでしまうということもあります。

高齢者などに多い脳梗塞や心筋梗塞なども水分不足が原因の1つと言われています。筋肉はカラダよりも水分の割合が高いので(75.6パーセント)、高齢者になって筋肉の量が減ると相対的に水分量が減ってしまいます。

このように水分不足はとても危険なものなのです!

水分を取るときの注意点ですが、のどが渇いてから飲むとすでに脱水が始まっているので渇きを感じる前に飲むのが重要です。

また、アルコールやカフェインの強い飲み物ですと利尿作用があるので逆に水分が抜けるということがあります。

2リットルを飲もうと思うと大変ですが、食事に含まれていたり、身体の中で作られる水分もあるので、約1.2リットルは取るようにしましょう!お風呂に入る前と後、寝る前と起きた後でコップ一杯の水を飲むのを心がけましょう!

筋肉が硬くて痛くなったり、硬いことでケガなどをしたときは当院へご相談ください!

電話でご予約されるとスムーズに治療が受けられます。
📞052-665-6487(予約優先)

この記事を書いた人
中川西 儀紀
中学、高校と6年間、テニス部に所属。自身がケガをしたとき接骨院にて治してもらった経験から、柔道整復師を志した。特技はテニスで趣味はバトミントン。米田柔整専門学校卒。
CATEGORIES POST
MENU CLOSE アクセス